加齢臭の説明と加齢臭対策の概要

加齢臭とは、中年以上の、特に男性の体から出てくる独特の臭いのした体臭のことを言います。

加齢臭が出てくる場所は、頭の先、耳の後ろ、首の周り、胸元、背中、脇、などから主に出てきます。

自分ひとりや家族でいる場所では、あまり問題にはなってきませんが、混んだ電車やバスの中でやむを得ず加齢臭を嗅がされてしまう人の不快さを軽減するためにも、中高年の方は、積極的に加齢臭対策をする必要があります。

加齢臭の原因は、皮脂が酸化することで、皮膚の表面にバクテリアが発生して、その結果、臭いの元になる物質ができてくるもので、この物質は、洋服の襟などに溜まりやすく水に溶けにくいという性質を持っています。

従って、加齢臭対策ではと言って朝にシャワーを浴びるだけでは、臭いは全然落ちないという結果となり、対策にはなりません。

そこで、加齢臭対策としては、臭いの元を洗い流すためには、シャンプーやボディソープで臭いが発する場所をしっかり洗うことで、臭いの元を取り払うことが可能となります。

加齢臭は、中高年以上の男女にかかわらず、発生します。

現在の日本では、臭いの元を断つということで、トイレをはじめとした臭いが発生する場所での臭いを防止する製品が多く販売されていて、そのような時代背景から、中高年の男性の80%以上の人が加齢臭を気にしているという状況です。

このような状況から、エチケットとして加齢臭対策を心がけるようにすることが大切です。

加齢臭は、男性も女性も発生しますが、女性の場合には、自分の臭いに対して敏感に対応されますので、加齢臭対策をされている場合が多いのですが、男性の場合は、女性に比べて皮脂の発生が活発なために、特に、多く発生するようです。

そのため、男性の場合には、加齢臭に対してあまり敏感に反応せずに、風呂に入った時に、少し丁寧に洗えばよいといった考えになってしまうようです。

加齢臭は、自分からはなかなか気がつきにくいようで、周りの人からの指摘で本人が気をつくといったケースがほとんどです。

普段から、加齢臭に対して対策をしておくことが大切です。

加齢臭対策に効果のある製品はこちらです。

加齢臭対策グッズをチェック

コメントはまだありません

Comments are closed.

RSS feed for comments on this post.