自分で行なう加齢臭対策と治療について

加齢臭対策は、自分で行なうことができます。

加齢臭の原因物質を抑える、取り除くといった効果のある加齢臭対策を日常レベルで地道に行うことです。

それには、効果のある石鹸を使用すること、体の内側から臭いを軽減する消臭のサプリメントの服用、衣服についた加齢臭を軽減する消臭剤や洗剤の使用も効果があります。

加齢臭対策に効果のある石鹸には、柿の渋みであるタンニン、竹炭と銀の微粒子の混合物、炭と泥とお茶や柿渋のポリフェノール、などが入っていて、加齢臭の温床となっている皮脂の除去、原因物質を吸着して除去します。

消臭のサプリメントでは、消臭成分が多く含まれています柿の渋みやお茶に含まれているカテキンの抗菌作用などの材料を含んでいるサプリメントがお勧めです。

消臭スプレーには、柿の渋みやミョウバンが有効です。

柿の渋みは、石鹸にサプリメントの服用にスプレーにと万能の材料ですが、ミョウバンも消臭スプレーとしての効果があります。

ミョウバン水は、自宅でも簡単に作ることができます。

作ったミョウバン水を皮膚に直接スプレーして消臭効果が得られます。

自分でできる加齢臭対策もありますが、根本的に加齢臭を改善したいという方には、加齢臭対策専門の病院で治療という方法もあります。

日本人は、元々体臭が少ない人種でしたが、食生活の欧米化による体の変化で体臭が強くなってきていて、特に、中高年の加齢臭がクローズアップされてきています。

加齢臭は、自分ではなかなか自覚しにくい臭いのため、自分の臭いがきついのではないかと周りを気にしている人も多いというのが実情です。

そこで、加齢臭を治療で治すという場合について、考えてみます。

加齢臭は、皮膚の上での原因物質が関係しているものですので、皮膚科、内科あるいは美容整形などの病院が考えられます。

治療法としては、脱毛、皮膚組織吸引法・レーザー治療、などがあります。

脱毛は、脱毛をすることにより皮膚の表面から汗が出にくくなり、体臭が体の表面に残りにくくなります。

レーザー治療は、臭いの元になる皮下組織にある汗腺やアポクリン腺を吸引する、レーザーを照射して焼き切る、といった方法で、その機能を取り払ってしまう治療方法です。

コメントはまだありません

Comments are closed.

RSS feed for comments on this post.